外傷の治療

接骨院で診る外傷とは、スポーツのプレー中の転倒や衝突によるねんざ、肉離れ、打撲、骨折、脱臼などの明らかな外力により組織が損傷するケガと、野球肘、テニス肘、ジャンパー膝など骨、腱、筋肉などに過度の負荷が繰り返し加わることで発生するケガとがあります。

無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、そのままにしていると症状が悪化し重症化してしまうものもあります。

・身体を強く打ちつけ、青あざやはれが消えない
・足首やひざをひねり、痛みがとれない
・突然太ももに痛みが走り、痛みがとれない
・関節に負荷がかかり、腕が全く上がらなくなってしまった
・骨折や脱臼の原因で痛みがとれない
※骨折や脱臼を整骨院で治療するには、医師の同意が必要です。
(応急処置の場合、同意は不要です)

捻挫(ねんざ)
【原因・症状】
捻挫は、足首や手首などの関節に強い力が加わり、関節にはれや痛みが生じるものです。
軟骨(半月板等)や靭帯、腱など、X線には映らない部分のケガをいいます。
足首や手首、首などは、患者さん自身も想像つきやすいのですが、肩や腰の捻挫は以外と患者さんも気づかないことが多いので注意が必要です。
肩こりや腰の重だるさから疲労だと勘違いして、悪化してから来院ということもよくありますのでご注意ください。

【治療法】
ケガの直後は初期治療「RICE」をおこないます。

R:Rest 安静(あおむけに寝かせて休ませる)
I:Ice 冷却(患部を氷水やアイスバッグで冷やし、内出血を抑える)
C:Compression 圧迫(患部のはれを予防するため、テープや包帯を巻いて圧迫する)
E:Elevation 高拳(患部を心臓より高い位置に置く)

すぐに来院できない場合、「RICE」をご自身でおこなうことで、その後の回復スピードが変わります。
適切な「RICE」を行うことが大切ですが「RICE」をやめるタイミングの方がもっと大事です。「RICE」はあくまで処置のため、その後の痛みやケガの再発をさせないようにするには「RICE」後の処置が重要です。痛みがひいたから治療をやめる人のほとんどが、再発して来院されます。それはこの原因のためです。
接骨院の指導のもとにおこなうことをお勧めします。

打撲(だぼく)
【原因・症状】
身体をなにかに強く打ちつけることで発症します。打ちつけた部位は毛細血管が皮下出血を起こし、あざ(青タン)になります。ラグビー、サッカー、格闘技などで多く見られます。
日常生活でも家事やDIYなどでいつの間にか打撲していて、痛みがないため放っておいて悪化するケースも非常に多くみられます。
スポーツなどよりも悪化させている人が多いのが、このパターンです。

【治療法】
ケガの直後は初期治療「RICE」をおこないます。
ただし、頭部を打撲した場合は意識障害、腹部・胸部を打撲した場合は骨折の可能性もありますので、安静にし、すぐに病院で精密検査を受けます。
上記のような強打は、打撲のイメージも患者さん自身にあるためすぐ気づきますが痛みが強く何度も繰り返し弱い打撲を繰り返している場合、「RICE」だけでは効果が薄い場合があります。
この場合も、接骨院の指導のもとにおこなうことをお勧めします。

肉離れ(挫傷)
【原因・症状】
筋肉は収縮と伸長を繰り返すことで、動きや力を身体の外へ伝えます。太ももやふくらはぎに負荷がかかる運動をおこなったとき、筋肉が伸ばされながら収縮し、自分の持つ筋力に耐えきれず部分断裂を生じることがあり、肉離れとなります。

【治療法】
筋肉が炎症を起こしている状態ですので、まずアイシングなどで冷やし、その後にマッサージや入浴などで温めて血行を促進させるのが基本です。
当院では患部の冷却などをおこない、痛みがひく処置を行います。
ひどい場合は固定を行います。固定期間後は筋肉の電気刺激や筋肉の硬縮を取り除く治療を続けます。
脱臼
【原因・症状】
肩などの関節が外れることを脱臼といい、一度外れると関節の軟部組織が剥がれ、なかなか修復されないことから反復性脱臼(脱臼ぐせ)になっていきます。柔道、ラグビー、スキー、スノーボードなどの競技でよく見られます。

【治療法】
脱臼した関節を元に戻し、靭帯に治療を施します。